豪腕 Strong Arm GO-1

出場資格

心身ともに健康で、格闘技ジム等にて鍛錬を積む相応の経験者

重大な感染性疾患、又はその疑いがないこと

  • 適切な医療従事者により、B型・C型肝炎の検査を受け、証明書を提出しなければならない。(証明書は、1年以内のものであれば可。)

頭部・顔面・頚部・躯幹、又は四肢に、試合に支障を来す変形・奇形、又は機能障害がないこと

骨・筋肉・神経、又は関節の重大な疾患、若しくは外傷がないこと。またはこれらの後遺症による重大な運動機能障害がないこと

脊柱に重大な疾患、若しくは変形、又苦痛を伴う疾患、若しくは変形がないこと。悪性腫瘍、又はその疑いがないこと。

性病がないこと

重大な感染性疾患、又はその疑いがないこと

重大なアレルギー性疾患がないこと

活動性の呼吸器系疾患がないこと

重大な刺激生成、又は興奮伝道の異常がないこと

明らかな人格異常、又は重大な行動異常がないこと

薬物依存、又はアルコール依存がないこと

てんかん性疾患、重大な突発性の意識障害、若しくは痙攣発作、又はこれら既往歴がないこと

眼球運動が正常であること

実行委員会の起用するルールの試合を行う事に支障を来すおそれのある心身の欠陥がないこと

他興行の試合などにより、試合当日から2ヶ月前までの間でKO負けや頭部に重大なダメージを受けている場合、原則として医療従事者による頭部のCTスキャンを行い適切な診断書等を実行委員会に提出する事とする。

試合の前後24時間以内の飲酒は絶対厳禁とする。

ルールメニューへ

試合

試合は豪腕『GO-1』の公認リングで行うものとする公認リングで行うものとする

契約体重について

  • ・MMA体重表を参照して選手の階級を決め契約をする
  • ・契約体重を設定している場合、対戦予定の双方と主催者の間で協議の上決定する
  • ・契約体重が設定されている選手は、試合前日もしくは当日、主催者指定の時間にレフェリー立会いのもと計量を行う。もしここで時間内にパスしなければ試合当日、指定時刻に再計量を行うが、それでもパスしなかった場合は下記の通り罰則を課せられる。
  • ※計量時の体重契約違反に対する罰則は以下の通りである。
  • ※計量時の体重契約違反に対する罰則は以下の通りである。
  • ・1㎏未満の超過→「警告」(イエローカード1枚・減点1)を課せられて試合出場
  • (1kg未満の体重オーバーの選手のファイトマネーの半分を没収)
  • ・1㎏以上の超過→「失格」(レッドカード1枚・失格)となります。
  • (1kg以上の体重オーバーは失格となり選手のファイトマネー没収、及び対戦相手のファイトマネー、交通費、対戦相手が売ったチケット、これらの賠償保障を体重オーバーをした選手の責任とする)
  • ※支払なき場合は賠償について大阪地方裁判所で民事訴訟を行う

レフリーの権限・セコンドの制限(『レフリーの指揮』を参照)

  • ・選手とセコンドはレフリーの判定、及び指示には絶対服従する
  • ・セコンドは2名までとし、試合中は自軍のコーナーから離れてはならない。また、試合中セコンドが選手に直接接触した場合、また選手・レフリー・ジャッジに触れた場合は、そのセコンドの退場を命ずるか、そのセコンド側の選手に反則としての罰則を与える
  • ・セコンドは試合中、選手・レフリー・ジャッジに触れてはならない
  • ・試合中セコンドは自コーナーを離れてはならず、物や体をキャンパスにおかない
  •     
  • ・試合中セコンドはリングマットを叩いてはいけない。激しく叩いた場合はレフリーの権限によりセコンドの退場と選手にイエローカードが提示され、それでも収まらない場合はレッドカードで没収試合となる

グローブについて

  • ・選手は主催者の用意するオープンフィンガーグローブを着用しなければならない。選手は試合当日、グローブを着用する前に必ず検査員によるグローブチェックと、グローブを封印したテープにサインを受けなければならない。また、一度封印された後は、試合終了までグローブを外すことはできない。

試合時間は下記のとおりとする。

  • ・1ラウンド5分の2ラウンド制
  • ・1ラウンド3分の2ラウンド制
  • いずれもラウンド間のインターバルは1分

試合コスチュームについて

  • ・選手は必ずマウスピース、ファールカップを着用する。
  • ・刺青の入った選手はラッシュガード・スパッツの着用は義務つける。ロングスパッツも可能とし、できる限り刺青を隠すものとする。
  • ・試合に際して、道着、ニーパッド、エルボーパッド、アンクルサポーターは選手の任意で着用することができる。但し、ルールミーティングの際に着用する装備品を持参し、レフェリーのチェックを受けるものとする。
  • ・ルールミーティングの際に着用する装備品を持参し、相手選手が着用に同意した場合にレフェリーのチェックを受けるものとする。
  • ・バンテージ、テーピングの使用は選手の任意とするが、レフェリーのチェック及びサインを必要とする。

試合前検査

  • ・リングドクター及び格闘メディカルによる問診および触診。
  • ※ドクターチェックの際、試合出場が不可能と診断された場合、ドクターの権限により出場を中止させることが出来る。
  • ・レフリー及びドクターや格闘メディカルによる試合着用用具、手足の五指(爪)テーピング、バンテージのチェック(バンテージに関しては試合前にレフリーから配られる進行票に明記した時間内に選手は行うこと)

ワセリンの使用について

  • ・選手は目の上のTゾーンに必要最低限のワセリンの塗布が認められる。上記以外、体の一部または全体にオイル、ワセリン、グリース、痛み止めやマッサージ用のクリーム等など、いかなる物質も塗布する事は認められない。
ルールメニューへ

勝敗

豪腕『GO-1』MMA公式ルールにおいては、以下の状況下で勝敗を決定する。

  • ・レフリーの試合開始の『ファイト』のあと、ゴング以前もしくは同時に有効技が入ったとレフリーが判断した場合、それを認める。
  • ・ゴング以前、もしくは同時の有効技によるKOダウンは、全てのラウンドにおいて試合時間終了後のKOと認められる

ノックアウト

  • ・打撃によるKO(倒れて立ち上がらずにレフリーに危険とされた場合)
  • ・立ち上がったが、闘う意志がないと判断された場合
         

ギブアップ

      
  • ・マットか相手の体を3回以上叩くか、口頭でギブアップの意思表示をした場合

レフェリーストップ

  • レフリーの判断による試合ストップなどのTKO。(危険とレフリーが判断した場合)
      

ジャッジ・ストップについて

  • ・ジャッジのKO宣言は、試合に際して三人のジャッジのうち一人でも危険またはKOと判断した場合はジャッジのタオル投入にて試合をとめることができる

ドクターストップ

リングドクターが出血・負傷により選手の試合続行を不可能と判断した場合の試合ストップ

  • a.負傷の原因が相手の正当な攻撃、または負傷した選手自身にある場合、負傷した選手を敗者とする。
  • b.危険とレフリーが判断した場合。打撃によるダウンしてなくてもダメージが認められた場合
  • c.負傷の原因が相手の反則による場合、負傷した選手を反則勝ちにする。
  • ※負傷した選手のドクターチェックは、ニュートラルコーナーでレフェリー立ち会いのもとで行われ、セコンドがこれに介入することはできない。診断の対象ではない選手は、反対側のニュートラルコーナーで待機する。

試合放棄

  • セコンドのタオル投入の場合は試合はストップで、投入セコンド側の選手はTKO負けとなる。

失格

  • 1度目の反則に「注意」、2度目の反則に「警告」、それぞれにイエローカードが提示され、3度目の反則にはレッドカードの提示とともに「失格」とする。また、「注意」「警告」の段階でレッドカードが提示された場合は、失格とならないものの、重度の反則として判定の際、大幅な減点となる。レフェリーは反則の回数に関わらず、悪質な反則行為には即失格とする権限を持つ。

装備品破損

  • ・マウスピース、ファウルカップ、スパッツなどのコスチュームが破損し、試合を続行できない場合は、失格となるので、予備を準備しておくことが望ましい。

判定

  • 全ラウンド終了時点で勝敗が決しない場合は、ジャッジ3名による判定に委ねられる。(判定基準を参照)

ドロー裁定

  • 判定の結果、両選手ともに2名以上の支持を得られなかった場合、引き分けとする。

ノーコンテスト(無効試合)

  • a.一方または双方に不正行為があった場合、もしくは第三者介入による不正行為が試合中に認められた場合、ノーコンテストとする。
  • b.偶発的な事故等により試合続行が不可能となった場合、以下の通りとする。
  • →1ラウンド中に試合続行が不可能となった場合、その試合はノーコ
    ンテストとなる。
  • →2ラウンド以降に試合続行が不可能となった場合、事故が起こるまでの判定により勝敗を決定する。

異議申し立てについて

  • ・選手、セコンドがレフェリーの裁定に異義を申し立てる場合、試合終了後1週間以内に文書で提出すること。リング上を含め直接抗議することは禁止する(文章以外の抗議があった場合は大会進行妨害に相当し選手及び所属道場チームの即時退場)
ルールメニューへ

判定基準

試合が判定となった場合、以下の優先順位で全ラウンドを総合的に判定する。

  • 1.相手に与えたダメージ
  • 2.ギブアップ勝ちにつながるアドバンテージ
  • 3.攻防の主導権
  • 4.積極性
  • 5.定に関してはメインイベント以外はマスト判定(ドローなし)になり必ず勝敗が付きます。      
  • ※メインイベントのみ判定になった場合にはドローもあり、ただしドローになった場合には延長ラウンドを行い、その延長ラウンドでも判定になった場合はマスト判定で勝敗を決します。
  • ※反則による減点は、その度合により各ジャッジがそれぞれ考慮し、判定に反映させる。
ルールメニューへ

レフェリーの指揮

レフリー・ジャッジ人数

  • 試合は1名のメインレフリー、及び3名のサブレフリー(ジャッジ)により管理される。ジャッジは3名により判定する
      

レフリー・ジャッジの権限

  • ・レフェリーの指示、裁定は絶対的なものであり、選手とセコンドは服従しなければならない。  
  • ・ジャッジ3人のうち一人でも試合中に危険またはKOと判断した場合は、選手およびセコンドは服従しなければならない・       

レフリーの権限で『ストップ・ドントムーブ』『ブレイク』を出す局面

  • ・MMAの試合において試合が膠着した場合は『ストップ・ドントムーブ』または『ブレイク』はレフリーの裁量に任せられる(『膠着状態について』を参照)

不測の事態の対処

  • ・試合進行上、ルールに明記されていない不足の事態に際しても、レフェリーの決定に従わなければならない。 
ルールメニューへ

ブレイク

攻防に進展が見られない膠着とレフリーが判断した場合、「ブレイク」をし、選手を引き離し、スターティングポジションに戻して試合を再開する。

攻撃を伴わないホールディングや技の掛け逃げが度重なり、消極的であると判断された場合、レフリーは注意・警告・減点をとる。

  • ※なお、技の掛け逃げとは、攻撃の後すぐに組み付き、または攻撃の直後に自ら倒れこんで攻防を中断してしまう行為をいう。
ルールメニューへ

膠着状態について

豪腕『GO-1』MMA(総合格闘技)ルールで膠着した場合に状況に応じて『ストップ・ドントムーブ』または『ブレイク』二つの指示がレフリーから出されるので選手はレフリーの指示に従わなければならない。

レフリーの「Action!」指示について

  • ・スタンド・グランドの両ポジションで膠着と判断された場合、レフェリーは「Action!」の指示を選手に出し、選手はこれに従わなければならない。

補足 スタンドの定義

  • ・スタートポジションとして試合開始時またはブレイク時のポジション

補足 グランドの定義

  • ・選手の体の足の裏以外の体の部位が、1点以上マットに着いた状態(膝、片手、片膝、臀部、背中などを各部分を1点とし3点がマットに着いた状態をでグラウンドと定義する)

ブレイクの定義

  • ・グラウンド・スタンド攻防に進展が見られない膠着とレフリーが判断した場合、又はロープ外に飛び出したり、グラウンド状態で選手の後頭部がロープに引っ掛かり危険と判断した場合は、「ブレイク」を宣言し選手を引き離し、スタンド状態のスターティングポジションに戻して試合を再開する

ストップ・ドントムーブの定義

  • ・ロープ際の攻防で選手が落ちそうになったとき、またはロープが著しく攻防の妨げになっている場合、レフェリーの裁量でストップ・ドントムーブの指示を出しリング中央で試合を再開する
ルールメニューへ

有効な攻撃

下記の反則の項目以外の攻撃は全て有効(補足説明を選手は把握する)

有効な攻撃の補足説明

  • 1.バックブローの有効判定は、肘部分が当たれば反則とする。
  • 2.両者グラウンド状態では顔面以外(首より下の急所以外の部分)の蹴りは有効である。(※反則項目を詳しく参照)
  • ※グラウンドの定義.足の裏以外の体の部位が、1点以上マットに着いた状態(膝、片手、片膝、臀部、背中などを各部分を1点とし3点がマットに着いた状態をでグラウンドと定義する)
  • 3.関節技の攻防、スタンドポジション・グラウンドポジションでの反則技の項目(ヒールホールド・指への関節攻撃)以外の全ての関節技は有効である。
  • 4.有効な蹴り技(膝蹴りも含める)スタンド状態の立っている選手へ反則項目にある禁止部分(膝関節蹴り・金的攻撃・肛門、口腔、鼻孔、眼球等の粘膜部)以外の全ての蹴り技
  • 5.踏みつけは蹴り技と同じ定義で顔面(首も含む)より下したの急所(金的部)以外の体への攻撃は認める。        
  • 6.グラウンド状態での鉄槌を認める(肘部分が当たれば反則)
ルールメニューへ

反則

試合中、反則行為があった場合、レフリーは反則を犯した選手にイエローカードの注意を与える。再度反則があった場合、レフリーは反則を犯した選手にイエローカードの提示による注意を与え、ジャッジは反則を犯した選手を1ポイント減点する。3回目の反則でレフリーは反則を犯した選手にレッドカードを提示し、レフリーはその選手に対し、反則負けを宣せられる。

なお、反則が明らかに故意で悪質な場合、レフリーは減点・レッドカードを提示することができる。

以下の行為は全て反則とし、減点、失格の対象となる。

  • 1.噛みつき
  • 2.目つぶし、及び目をえぐる行為
  • 3.頭突き
  • 4金的攻撃
  • 5.肛門、口腔、鼻孔、眼球等の粘膜部に指を引っかけて相手をコントロールする
  • 6.手足の指に対する関節技        
  • 7.後頭部・脊髄の攻撃 
  • 8.両者、またはどちらか一方の選手がグラウンド状態となった場合、膝による首から上への一切の打撃攻撃は禁止となる。
    ※グラウンドの定義
    足の裏以外の体の部位が、1点以上マットに着いた状態(膝、片手、片膝、臀部、背中などを各部分を1点とし3点がマットに着いた状態をでグラウンドと定義する)
  • 9.両者足関節のポジションの場合の顔面攻撃を禁止する        
  • 10.全ての肘での攻撃
  • 11.ヒールホールドを禁止とする
  • 12.スタンド状態の選手は、グラウンド状態の選手に対し、首より上へ一切の足での打撃攻撃を禁止とする
  • 13.スタンドで立っている選手への膝関節蹴りを禁止する
  • 14.消極的姿勢及び有効的でない攻撃を続ける
  • 15.頭髪を掴む
  • 16.相手をリング外へ投げる、または押し出すこと        
  • 17.ロープおよびリングを構成するいかなる部位を掴む行為、またはロープに手足を引っかける
  • 18.ロープおよびリングを構成するいかなる部位に相手の顔面を打ち付ける行為
  • 19.リング外へ逃げる
  • 20.喉、または後頭部、延髄、脊髄への打撃攻撃
  • 21.喉を掴む攻撃
  • 22.自身または相手のグローブ、装備品、ショーツを掴んで攻防をすること    
  • 23.その他、レフリーに従わなかった場合や、道徳的に許されないとレフリーが判断した場合、或いはレフリーに対する侮辱行為など、ルールの制限に無い行為でも、注意、及びカード提示も在り得るものとする。

上記の反則を犯した選手は、ペナルティとしてイエローカード1枚でファイトマネーの10%、イエローカード2枚でファイトマネーの30%、レッドカードはファイトマネーの100%を罰金としてプロモーターに支払わなければならない。

ルールメニューへ

注意事項

大会中に選手、セコンドがスポーツマンシップに反するような暴言や態度の場合は即刻退場とさせていただきます。

控え室に入れるパスは選手1名に対しセコンド2名のみで、それ以外の方へのパスの発行は認めません。パスの無い方を控え室や関係者以外立ち入り禁止区域で見つけた場合は即刻退場とさせていただきます。

ルールメニューへ

総合格闘技 階級

フライ 56.7kg以下
バンタム 61.2kg以下
フェザー 65.7kg以下
ライト 70.3kg以下
ウェルター 77.1kg以下
ミドル 83.9kg以下
ライトヘビー 93.9kg以下
ヘビー 120.kg以上